グラマーな熟女と遊んできました。
巨乳、爆乳なんでもいいですがファーストクラスってドラマを見てからグラマラスなオッパイの威力にやられてしまいまして(-_-;)

マホさんって43歳のFカップの熟女でした。
話しをしてたら仕事はホテヘルって事だったんでプロなら金取られるかなぁとか思って心配してたんですが

完全にプライベートだよ

って事で安心しきれませんでしたが連絡は続行しました。

デリヘルとか風俗で働いてる女性が出会い系に登録してるとか結構あります(^^)
なんでかって仕事の悩みとか愚痴ってあまり普通のサラリーマンに話しても理解してくれないでしょ?

だから出会い系なんかでエロに寛大な気持ちの人に話したくなるんですよね。
ネットに匿名で風俗嬢の話しが多いのもそんな理由からです。

LINEでやり取りしてたんですがやっばり最初に下ネタトークを振ってみると仕事の愚痴が続きますm(_ _)m

年寄りの相手はしたくない
早くイク客は簡単でいい
最近忙しかったから息抜きしたい

そんな内容でしたねm(_ _)m

女性の愚痴って出会ってから同じような会話になりやすいので「ツマンネ」とか思ってもウンウン言って聞いてあげて下さい。
ちょっとした気配りが出会える確率を上げてヤれる確率を上げるんでw

2週間くらいはそんな感じで仕事の無い時間にはメールを続けました。
そしたらある日、急に

週末なんだけど会える?

ってメールを頂きました!
もちろん、空けますよね!
サクッと夕方から空いてる時間をメールして約束を取り付けました。

メールの中で外食が多い生活って話をしたら姉さん的な面を見せつけるかのように僕の自宅でご飯を作ってくれる事になったんです!

ありがとー!

ってご飯の約束に喜びつつも頭の中は既にエロい事しか考えてないw

年齢も知ってたんで会う当日にはオバちゃんっぽい人だったら嫌だな、でもご飯は旨そうだなとか葛藤してましたw

待ち合わせ場所に迎えに行くと現れたのはグラマーの美熟女って雰囲気のメガネ美人でした!

めちゃくちゃ美人かって言うとそうでもないんだけど年齢は感じさせない雰囲気とメガネが似合ってたんでokかなぁと(笑)

こんにちは!タクゾー君だよね?
あ、こんにちは!そうです!
緊張してるw

こんな会話をしながら熟女の余裕がある感じの態度を見せつけられすでに僕達の中で上下関係が決まってしまいましたm(_ _)m

自宅まで到着して中に入ってもらうと

ゴメンね、トイレ借りるよ
どぞー

・・・

・・・・

・・・・・トイレにはいってエラい時間がかかります。

大丈夫ですか?
って声をかけようとしたら中から出てきたマホさんはさっきまでとは違う格好にw

どう?興奮する?

LINEで会話してる時にスーツの女性が大好きって話しをしていたのを覚えていたみたいでタイトスカートを履いたなんとも悩ましい格好のマホさんが(^^)

うおっ!めっちゃ似合ってますけど胸が強調されてますねw

スーツのサイズは合ってそうだけどグラマーな胸だけは規格外なのかボタンを2つ外してるブラウスがエロいw

我慢出来ずにマホさんに承諾なしにキスしてました!
やっぱり職業だからかキスもエロい雰囲気でかなり上手い!

もう、料理なんてどうでもいいや

とか考えながら一心不乱にマホさんの巨乳を揉みまくりました!

マホさんの息が荒くなって来たところでソファに誘導されて僕のズボンをおもむろに脱がし始めて一言。

若いち○こって久しぶりw

サイズは標準なんですが喜んでフェラしつつ手コキで攻められました!

う、上手い・・・
ヤバいです、もう出そうかも。
出していいよ、口に出して

僕は遠慮なくマホさんの口の中に大量の精子を発射してしまいました。

若いから硬いねぇ、気持ち良さそう
でも、すぐに勃たないんですよ。
大丈夫でしょw

さっき着替えてもらったばかりですがスーツを脱いでもらってお風呂に二人で入る事に。

お風呂でいちゃこらこきながら遊んでたら急に背中を向けてち○こにマホさんのま○こを近づけてしごき出すw

あ、ヤバいって!気持ちいいw

僕のふんにゃりしていたち○こもあっさり勃起状態に(笑)

元気だねwやっぱ若いからすぐ大きくなる。
挿れたくなっちゃうじゃん・・・
大丈夫だよ、ピル飲んでるから生でも
じゃあ、このまま挿れちゃうよ?

バックでそのままマホさんのま○こに挿入!
立ちバックで挿入してたらマホさんのほうから腰を自主的に振ってきます。
40代とは思えないようなま○この締まりにかなり快感を覚えてしまいました。

お風呂なのにいつもの仕事の雰囲気が取れないのかデカい声でアンアン騒ぎ出しました。

ちょ、ここオレのマンション(汗)
あぁぁぁん!気持ちいい!
(聞こえてねぇ・・・)

僕はお風呂を出てマホさんをベッドまで移動させました。
ベッドに移動してからは正常位→バックと攻め騎乗位に持っていったのですがマホさんが勝手に動いてくれるので僕はかなり楽でしたw

こんな楽な騎乗位は始めてだわ。
なんて考えてたのもつかの間、楽なんだけどめちゃくちゃ気持ちいい!

とにかくちょっとでももたせようと緩急をつけて僕の方から押し上げてやったりマホさんに抱きついて腰を止めてみたりとかなり必死でした!

あぁ、もうダメだ。出るわ。
あぁぁぁ!じゃあ、口に出してw
え!ピル飲んでるんでしょ?
口に出されるのが好きなのぉ。
ok\(^o^)/

突きまくって絶頂を迎えそうなタイミングでマホさんのま○こから抜くと速攻でくわえてくれました。

そのまま手コキされて一気にフィニッシュ。
ベッドの中でち○こを触ってくるんでまた襲いそうになったけどこの女とはまた会えそうだと確信して止めておきました。

結局、帰るまで料理は作ってもらえずw
マホさんが電車に乗った頃らしいんですが

ご飯はまた今度造るね^_^

多分、確信犯ですね。
でも、次に会う約束もさほど難しくなさそうです( ̄ー ̄)ニヤリ

グラマー熟女と出会えたサイト